為替王の愛読者です。ネットおよび実社会の話題について、色々と放言するBlogです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本経済新聞社のNIKKEI NETより

LVJグループ社長に藤井清孝氏
 仏有力ブランド「ルイ・ヴィトン」を輸入販売するLVJグループ(東京・港)は19日、外資系ソフト大手SAPジャパンの社長などを務めた藤井清孝氏(48)を社長として迎え入れることを決めた。LVJは前身のヴィトン日本法人を設立した1981年に秦郷次郎氏(68)が社長に就任して以来、25年ぶりのトップ交代になる。

 藤井氏は19日付で仏ヴィトン本社のエグゼクティブ・コミッティメンバーに就任、2006年中にLVJグループ社長に就く。藤井氏は東大法卒、ハーバード大経営学修士(MBA)修了後、コンサルタントを経てSAPジャパン、医療品開発業務受託のクインタイルズ・トランスナショナル・ジャパンなどの社長を歴任した。



いやぁ、McKinseyのアルムナイの活躍には目を見張るものがありますね。日本では典型的なMcKinsey人のような経歴をお持ちのようで…。

さて、このLVJという会社を目にして思い出したのですが、LVJの親会社である持株会社のLVMHの採用活動は相変わらずなんですかね。

別に外資系では明らかな学歴区別をすることは珍しくないですけど、ここはその中でも変わったことをしていた記憶があります。

McKinseyは関東のT,H,W,K大学を対象に、(安っぽい)ビュッフェを用意して会社説明していました。LVMHは学部まで絞ってDMを送って、届いていない(対象でない)他学部生・他大生がそのDMに書いてあるURLからアプライすると、なぜかLVJ(販売員)の採用案内が来るという現象が起こっていました。

LVJの採用は要するに販売員の兵隊さん募集なので、別に学歴なんかは不問なんですよね。会社説明会なんかも先着順だったり…。

私自身、LVMHはメールが既に英語で、面接も圧迫と聞いて受けるのを止めましたが、例の採用をまだ続けてるのかなぁ、なんて昔の経験を思い出してしまいました。
スポンサーサイト

テーマ:経営 - ジャンル:政治・経済


管理者にだけ表示を許可する
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 Net Watcher ?為替王とボクと、時々、アフィリ? all rights reserved.
Profile

netwatcher

Author:netwatcher
毎日、何か面白そうなことはないかとネットを徘徊しています。
MBA取得(社費)に向けてTOEFLとGMATの対策に奮闘中。

宣伝でも何でもコメント・トラックバック大歓迎

カテゴリー
ランキング

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
RSSフィード
ブロとも申請フォーム
リンク
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。